年に一度は駒込ガッツそば

コチラも年に(最低)一度は必ず食べたくなる駒込のソウル立ち食いそば。田端のアレが「やさしさ」であるならば、駒込のコイツは「ガッツ」だ!

画像


・・・すなわち、『かけそば』220円の激安⇒最安デフォルト価格+大盛り50円=たらふく食っても270円+不思議に巨大な『とり天』120円+渋いチョイスの『エノキ天』50円=440円⇒余裕のワンコイン未満でこの陣容! 驚異!!

画像


・・・そんなガッツそばを提供するお店はコチラ≪一○そば≫さん。駒込駅からやや離れたロケーションながら、しかも、午後3時過ぎという中途半端な時間帯にもかかわらず、次々とお客が入店してきます。

画像


・・・見て下さい、このデカさ。デカい唐揚げをよく「げんこつ」などと喩えますが、この寸法は・・・「軍手」ですね。あ、よくよく見たら「唐揚げ」ではなく「天ぷら」なのね。

画像


・・・うひゃひゃひゃ。「丼を占拠」という表現がピッタシです。

画像


・・・美味い。食べ易く平たい胸肉・・・ですが、全然パッサパサではなく、ジューシー感も残しつつ・・・何よりも濃い目の真っ黒つゆ(日暮里⇒田端⇒駒込とJR山手線のこの地帯の立ち食いそば屋は東京でも屈指の真っ黒レベル)を染み込んでブヨブヨがタマラン。

画像


・・・珍しいエノキダケの天ぷら。他所では絶対に食べられません。つか、この食べ物を食べること自体が初めてかもしれません。エノキダケさえあれば満足・・・なワタシを喜ばせるためにわざわざ・・・と思いたくなるほどの珍品です。美味いよ、そりゃ。

画像


・・・ザ・立ち食いそば系のイイ感じにフワフワなアレです。大盛りでタップリ堪能できます。

画像


・・・うへへへ。タマリマセンな、この真っ黒つゆが。オレの血液はコイツで出来ている。じゃ、真っ黒な血だ。

画像


・・・どうにか、年に1回と言わず、春夏秋冬季節毎くらいに来れないもんかね。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック