江戸川パン

昨日の流山電鉄紀行の際、途中下車した≪鰭ヶ崎≫という駅の駅前にとんでもなく風格のあるパン屋が佇んでいました。

画像


・・・ね、とんでもないでしょ? 自分の「町のパン屋」原体験=ハムカツパンみたいなヤツを始めて買い食いした≪福居パン≫(栃木県足利市・東武伊勢崎線福居駅前)を思い出しました。そこだけ時間が止まっているような、いや、もう完全に止まっている空間でした。

画像


・・・そりゃ、買うでしょ。もう10年近くも前から気になっておりましたし(流山関係の散歩系雑誌等で必ず紹介されています)。『コーンパン』100円。サランラップで手包みされています。昭和以外の何物でもない。コーンとマヨネーズ・・・どうして、こんなにシンプルでもたまらなく美味しいのでしょうか。

画像


・・・『チョココロネ』100円。さすがは町のパン屋。チョコクリームの方がパンよりも多いのでは・・・あ、「パン」の方はいかにも「無添加」な素朴な味わいでした。小学校の給食で食べたコッペパンやロールパンを思い出す・・・全てが昭和です。

画像


・・・せっかく千葉に来たのだから、『ジョージアMAXコーヒー』を合わせようと思ったのですが、コイツも前々から気になっていたので・・・「コーヒー牛乳」感も欲しかったので・・・110円の自販機。

画像


・・・流山市の夕暮れ時の江戸川べりでボソボソ食しました。この奇跡の一瞬のような景色こそが最高のオカズというワケです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

まべ
2018年02月06日 20:58
前回流電沿線書き込みの際に触れようかなと思っていましたが,さすがこちらにも立ち寄っていらっしゃいましたか。
以前伺った際は店内に懐かしい写真が飾ってあったような記憶があるのですが,どうだったかな。

ご存知でしたら申し訳ないですが。ドライイーストを研究し,甘味と油脂を加えたアメリカ風のパン作りを広めた創始者田辺氏の苗字から取った,丸に十字の印を掲げるパン屋さんの一群です。
表記はカナ漢字ローマ字いろいろですが,都内にも何箇所かあります。


葛飾散人R
2018年02月06日 23:14
おおっ、こちらも当然にご存知でしたか!
小生も随分前から気になっていたのですが、今回ようやく訪問叶いました。
あまりの時間の停止具合に面食らい、店内をゆっくり見回す余裕もなかったのですが・・・。
今度行く機会があったら、もっと早い時間に訪れ、いろいろ食べてみたいと思います。

屋号の謎に関する情報もありがとうございます。
そんな深い言われがあるとは、全然知りませんでした。
今後は「街のパン屋」も街散策の要素に加えてみたいと思います!

この記事へのトラックバック