定点警察大先生大作(2017年11月26日)

横山・クライマーズハイ・秀夫先生の警察小説大作。しばらく前に≪Book-Off≫で買ってあったのですが、文庫本で総ページ数483ページという大作っぷりに、手を付けるのを少々躊躇っておりました。ようやく読み始めたところ・・・

画像


・・・わずか3日強、しかも、普通に忙殺業務の合間だけで読了。いつもの横山マジックにヤラれました。「地方警察内部のリアルな権力闘争」という大先生のお得意の設定で、いつもながらに説得力のある人物設定&心理描写。若干オチの弱さと阪神大震災との関連の薄さが気になりましたが、なるほど、たかだか地方警察の不祥事隠しのための魑魅魍魎どもの権力闘争なんて、確かに“震度ゼロ”だな・・・というカタルシスもありました。そして、人間というもののクダラナさ・どうしようもなさを極限まで追求し、最後の最後に救いの一筋の光明を・・・大先生、コレはコレでやはり計算し尽くされているのですね。結局は脱帽です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

KBT
2017年12月12日 09:50
どうも先日はありがとうございました!私もついつい半落ちをブックオフ108円で買って読んだしまいました。クライマーズ・ハイ以来ですが最後まで引っ張りますね。
両毛仙人
2017年12月12日 23:08
どうもどうも。
先日はなかなか楽しかったですな。
また是非やりませう。

小生は昨日から『64(ロクヨン)』を読み始めました。
『クライマーズ・ハイ』は、我々両毛人には馴染みのある舞台ですな。映画の方は、テレビとDVDでもう3回は観ましたぜ。
横山秀夫大先生は、今一番ハマッている作家です。
この大先生の作品にはハズレはない!!!
短編集も多数あるので、時間がないビジネスマンにはオススメです!是非全作品読破を!!

この記事へのトラックバック