定点昭和プロ野球ど真ん中(2017年9月12日)

昭和プロ野球マニアにとって、まさに「ど真ん中」な一冊ですな。「昭和の球場 今昔物語」とか「昭和の変則フォーム」(哀悼・元西武の永射)や「昭和の名バイプレーヤー」などの記事は勿論ですが、スペシャル・インタビューの対象が愛甲猛・元巨人の角・元V9戦士の黒江など、渋い、渋過ぎる人選。そりゃ、買うでしょ。

画像


・・・昼から酒の肴として、じっくり堪能しました。あの張本が若い頃は「俊足」だった・・・など、衝撃の事実も多々発見できましたが、何よりも驚いたのは、世界のホームラン王・王貞治の27歳時点のホームラン数が307本だったのに対して、松井は282本・清原は273本⇒条件さえ整えば、彼らがホームラン世界記録を塗り替えることも・・・いや、無理かな。何しろ、「報われない努力があるというのなら、それはまだ努力と呼べない」と言ってしまうほどの努力の達人ですものね、王さん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック