大阪インドもつカレー

「せっかくの活況業務で、かつ、夏のかきいれ時なのに、全然忙殺されないぢゃないか! どういう評価なんだっ!」などとグズグズ言い続けておりますが、よくよく考えたら、こんなにノンビリできるのもあとわずか。来月からは通常業務が再開となり、嫌でも忙殺されるワケです。よって、今のうちにせいぜいヒマを堪能しておくべきでしょうな。で、久々に若干ちゃんと料理など。昨年購入した大阪のソウル食卓カレー『メタルインドカレー』のルーが半分(6人前分)余っていたので、前々から是非一度やってみたかったメニューを試作。

画像


・・・すなわち、豚モツをメインの肉に据えた「もつカレー」或いは、出来具合によっては「カレーもつ」です。豚モツは独特の臭味が凄まじいので、これはなかなかにチャレンジグな料理となりそうですが、人生はチャレンジだ! いや、無難に鶏モモ肉の方が・・・

画像


・・・いや、きっと、この大阪の魂の味がどうにかしてくれるに違いない。カレーにして不味いモノの方が珍しいからな、世の中。

画像


・・・完成の図。出来上がったばかりの時点では、もっと汁気があって、ちゃんと「もつカレー」風だったのですが、じゃがいもを3個入れてニンジンも1本丸々入れたせいか、でんぷんと水分が結合・・・さらにモツの脂が水を・・・他人が作ったモノなら食べたくない佇まいですな。

画像


・・・でも、味は一級品!!! さすがは大阪のド根性。モツの臭味は全く感じられません。いや、仮に残っているとしても、それもまたモツの味わい。とにかく美味い。コリコリとしたモツの食感も健在。しかも、ジャガイモもニンジンも甘く煮えて、モツと絶妙にマッチング。特にニンジンが気絶しそうなくらいに美味い。脇役のシメジも良いアクセントに。もしかして、オレって天才?(とオトコは料理が上手くいくとそう思い込みがちなバカな生き物)

画像


・・・あ、さりげなく添えられた『トリスハイボール』もポイントでしたな。何となく、「カレーとウィスキー」の組み合わせはイイ按配だ。

画像


・・・翌日の夜はさらに汁気がなくなって、どちらかと言うと「カレーもつ」だね。最早「もつ煮」の一形態ですが、日本酒よりは、チューハイボールを合わせたくなりますね。

画像


・・・『カレーもつ』と言えば、静岡県旧・清水市のご当地B級グルメですが、多分全然こんな感じぢゃないと思います。でも、美味い。美味いよ、コレ。やっぱオレって天才?

画像


・・・いやあ、ホントに美味い。逆にモツの独特の臭味(?)が最高にイイ味を醸しています。酒が進むなぁ。

画像


・・・〆はやっぱりご飯と。「カレーライス」というより「カレー丼」な気分だったので、茶碗で食べる。カレーライスをご飯茶碗で食うのって、普通の考えたら、侘し過ぎて死にたくなるシチュエーションですね。でも、コレは美味いぞ。うはははは。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック