嘆きの坂のない宿場町・太田

せっかくなので、車を止めて、群馬・太田の街並み散策でも。前回帰省時の群馬・館林も初めての試みでしたが、コチラも初・・・って、紛れもなくこの街で、ワタシは1年間、社会人1年生~2年生という人生でも忘れがたき日々を過ごしたのですがね。

画像


・・・≪日光例幣使街道≫の宿場町という由緒正しき街。そんなことにも全然頭が回らなかった若かりしほろ苦き時代。

画像


・・・メインの本通りは、よくある「地方の街のシャッター商店街系メイン・ストリート」なのですが・・・

画像


・・・一本裏通りに入ると、そこかしこに昔日の面影が・・・

画像


画像


・・・≪中島飛行機(=戦闘機)製作所≫⇒≪富士重工≫の繁栄が偲ばれる人間の欲望の跡が見え隠れします。あ、今でも≪スバル≫その他で大いに儲かっている地方自治体ですけど。

画像


画像


画像


・・・買う人がいるのか?

画像


・・・最近のマイ・ブーム=「廃業した食堂」の跡。

画像


・・・メニュー表が残っているのは貴重。麺類の筆頭が「長崎チャンポン」というのも珍しい。「ギョーザラーメン」なる謎のメニューも気になる。「エビの玉子炒め」がヤケに美味そう。あ、やっぱり「ソースカツ丼」は普通にあるのね・・・この放置メニュー一つで15分は楽しめる。病気。

画像


・・・ある意味「思い出の本屋」だったりする。最後の青春だ(謎)。

画像


・・・重要な地方都市での街歩きツールの一つ「ご当地ハム」ね。

画像


・・・そして、勿論「ご当地金融機関」も。

画像


・・・こういう「昭和マンション」もタマラン。

画像


・・・春には桜の名所となる都市ドブ、もとい、都市河川。いずれ是非。

画像


・・・メイン通り北側から伸びる≪御城みち≫はいつ見ても趣き深い。

(・・・『嘆きのバス停のあった駅前』編に続く・・・別に続かなくていいのに・・・)



宿場町 (1977年) (記録・都市生活史〈11〉)
柳原書店
芳賀 登

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宿場町 (1977年) (記録・都市生活史〈11〉) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック